サステナビリティ


SDGsへの取り組みについて


これまで、当社は社会資本の整備や地域社会との交流において、製品やサービスの提供によリ社会の発展に貢献してきました。建設業の活動は多岐にわたリSDGsと深い関わリを有しています。

当社の事業活動がSDGsに繋がっていることを意識しながら業務に取リ組み、持続可能な地域社会の創造と当社の持続可能な成長を目指し、この活動を推進します。

SDGsは、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(=Sustainable Development Goals)」であり、2030年までに持続可能な社会実現のために世界で取り組んで行う17の目標です。

4つの重点テーマとSDGs


SDGs17の目標を当社の事業活動と関連付け、当社として取り組むべき4つの重点テーマに再整理し事業活動の指針と致します。

「安心して過ごせる社会づくり」

港湾工事・土木工事などのインフラの整備では、信頼ある確かな技術と高い品質の提供を通じて、安全で安心に住み続けられる社会の実現に貢献する。

「人財」

ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の促進により、隔たりの無い平等な職場環境を構築し、あらゆる人々の活躍を推進する。

「地球環境を守る」

生態系への配慮や、省エネ、省資源の実践など、事業活動における環境負担の低減に積極的に取組み、地球環境の保全に貢献する。

「地域活性化への貢献」

地域経済活性化に資する取組みや、防災協定、社会貢献活動の実践を通じて、持続可能な地域社会の実現に貢献する